伝統建材

納材事例

日本的伝統建築の屋根や庇に、 川上村産吉野杉の杮板が用いられています。

  • HOME
  • >
  • 伝統建材 納材事例

北村美術館・四君子苑 (京都市 上京区)

「北村美術館・四君子苑」の茶室の屋根に吉野カネ利の杮板が施工されました。茶室の風情に、幾重にも重なる薄板の表情が溶け込み、京都らしい繊細な美しさを放っています。

所在地京都市 上京区
クライアント北村美術館・四君子苑

整然と並ぶ中にも、木の繊維に沿って手割りされた杮板ならではの凸凹感が、新しく葺き替えたものでありながら、昔ながらの風合いを演出します。

新しく葺き替えらえた杮葺屋根も、既存の建物や木々に囲まれた周りの雰囲気によく馴染みます。

等間隔に美しく並ぶ杮板の側面からも、年月とともに変化する色味もお楽しみいただけます。

その他の実績

ページトップへ