• HOME
  • >
  • 製品紹介 内装建材 吉野プレミアムシート3

製品紹介 内装建材

吉野プレミアムシート

『川上村産吉野杉』天然木の上質な美しさを
あらゆる公共・商業空間に。

  • HOME
  • >
  • 製品紹介 内装建材 吉野プレミアムシート

吉野プレミアムシートはビニールクロス感覚で簡単に貼り付けが出来ます。ただし、天然木製品ならではの注意事項もありますので、以下の説明をご一読の上、丁寧に施工を進めてください。

はじめに(副資材について)

パテ・シーラー・糊等は壁紙施工専用品をご使用ください。専用品以外のものを使用すると、目スキ、膨れを発生させる事があります。副資材メーカーの施工要領・取り扱い注意事項を必ずご一読ください。

下地の調整

①下地と同色のパテを使用

施工後、下地の色が見える場合がありますので、パテは、下地と同色のものを使用してください。

②木質系、合板下地、コンクリート下地、モルタル下地

木質系、合板下地、コンクリート下地、モルタル下地に直接施工すると、壁紙にシミや変色が発生することがあります。シーラーは壁紙に接着不良や変色を防ぎます。

③下地は乾燥させてから

パテやシーラー処理後、モルタル下地、コンクリート下地に直貼りする場合、下地が十分に乾燥(水分率11%以下)してから施工を始めてください。湿気を帯びていると、壁紙の変色・剥がれ・かびを発生させることがあります。

④下地の平滑仕上げ

下地は平滑に仕上げてください。ネジ・クギ類は施工後の変色を避けるため、突起を完全に沈めさび止めをしてください。

⑤ 出隅等の曲げ部分の鋭利な下地の調整について

天然素材の為、曲げに対して多少反発がありますので、下地の密着向上の為、必ずシーラー処理及びプライマー処理を行ってください。

⑥塗料が下地に付着していると

窓枠・扉枠の塗料(ペンキ、オイルステイン)が下地に付着している場合は、必ずシーラー処理をしてください。変色や剥がれ、目スキを防ぎます。

⑦リフォーム時

貼り替え時、以前貼られていた壁紙の裏紙が残っている場合残った裏紙は完全に剥がしてから貼ってください。そのまま施工すると、目スキや浮きを発生させます。

施工糊

①糊メーカーの注意事項を確認

施工物の希釈は行わず原液使用を守ってください。塗布量は140〜160g/㎡を目安とし、均一に塗布してください。塗布量の不足は、壁紙のアイハギや接着不良を発生させます。下地の種類と状態、温度、湿度に合わせて、390クリーン等のエチレン酢ビ系接着剤等を適量添加してください。

②糊付け後の注意

糊付け後、壁紙をきつく折り畳んだり、湾曲部に荷重がかからないようにしてください。折りじわがつくと元に戻らない場合もございます。特に木目方向と垂直方向に折り曲げる時に折りじわが付きやすいので十分ご注意ください。巻きグセが付いている場合は、逆巻き等をして出来るだけ平坦な状態にして下さい。きつく逆巻きすると、小ジワが付く場合あります。

③壁紙は伸び縮みします

壁紙に糊付け後、室内環境及び壁紙の品種に応じたオープンタイム(養生時間)を取ってください。適切なオープンタイムは施工を容易にすると共に、膨れや目スキの発生を防ぎます。

④付着した糊や汚れの処理

壁紙の表面や回り縁等に糊、汚れが付かないように注意してください。付着した場合は、きれいな水を含ませた布で直ちにふき取り、最後に乾拭きを行ってください。特に濃色の壁紙は糊の拭き残しにご注意ください。糊が付着したままで放置するとかびや変色の原因になります。

貼り付け

①これで大丈夫か?貼り出し確認

壁紙を三巾程度貼った後、商品に問題がない事を確認した上で、作業を続行してください。問題のある場合には販売店までご連絡ください。

②カットに地ベラを使わない

地ベラを使った重ね切りは避け、必ず定規(桃山など)をご使用ください。地ベラを使うと切り口が斜めになり目スキの原因となります。

③ローラーがけは力まずに

ローラーがけは、強くかけ過ぎないでください。クセが残ったり、光沢ムラを発生させます。撫で付け、エア抜きは、タテ方向を基本に行ってください。強く横撫ですると、数日後に目スキが発生する事があります。

④石膏ボードを切らない

重ね切りを行う場合は、石膏ボードの表層紙まで切り込まないようご注意ください。目スキの原因となります。切り込み防止として必ず、下敷テープを使用してください。尚、ジョイント時には目スキ防止の為、和紙テープを使用してください。

⑤プラスチックハケ(スムーサー)でシワを伸ばす

壁紙を貼り付けた後、スムーサーを表面から撫で付けてエアー抜き、シワのばし、余分な接着剤を取り除きます。

⑥建物の構造に適した施工をお願いします

プレキャストコンクリート、ALC板などは建物の構造上、板の継ぎ目部分を振動の逃げ場にしていますので、これをまたいで壁紙を貼ると、膨れ、よじれ、割れなどが発生します。この様な場合、天然素材で出来ている壁紙では防ぐ事は出来ません。入隅の場合、下地の継ぎ目に合わせて壁紙もジョイントするようにして下さい。木製の柱、胴縁、木製パネルにボードを付けた下地の場合、木材の乾湿による下地の動きにつれて、継ぎ目や、出隅、入隅にすき間が生じる事があります。この場合も上記同様、入隅でジョイントしてください。

⑦コーキング処理

貼り付けた壁紙の端部はコーキング処理を行ってください。コーキング材は壁紙と同色又はクリアを使用し、ウキの発生を抑えながら外観を整えてください。

⑧補修

軽微な表面の破損個所は着色剤で補修を行ってください。着色剤 → 例) かくれん棒・色鉛筆・ヤヨイキャンパス等破損の程度によって、部分的な貼り替えを行う必要性がある場合は、発注時の予備枚数をご使用下さい。本品は天然素材の為、追加発注による貼り替えの場合、木目柄があわないので十分ご注意下さい。

養生

①施工後は自然換気を

施工後は接着が安定するまで自然乾燥させてください。施工中施工後とも冷暖房などによる急激な室温の変化は避けて下さい。目スキ、剥がれが発生します。施工時の臭いが多少残っていますので、施工後1~2週間は必ず換気を行ってください。

②粘着性の強い養生テープは使用しないでください

粘着性の強いマスキングテープ(養生テープ)の使用は避けてください。又、粘着性の弱いものであっても貼り付けたまま長時間放置しないでください。粘着材が壁紙に移行し、変色や汚れの原因となります。又、テープを剥がすときに壁紙を破損することがあります。

※この表は右にスクロールできます。

その他の製品はこちら
ページトップへ