• HOME
  • >
  • 製品紹介 伝統建材 吉野カネ利「杮板」

伝統産業継承伝統産業継承
「吉野カネ利」杮板事業

製品紹介 伝統建材

吉野カネ利「杮板」

日本の伝統技術である杮板(こけらいた)づくりが、
新たな事業としてスタートしました。

  • HOME
  • >
  • 製品紹介 伝統建材 吉野カネ利「杮板」

「杮葺(こけらぶき)」とは

杮葺(こけらぶき)は、屋根葺手法の一つで、植物性資材の板葺きの究極の形として、材料一枚一枚が薄くて小さいのが特徴です。そのために、他の板葺きのように切妻造だけではなく、寄棟造や入母屋造といった曲線の多い、より複雑な屋根にも適しています。

杮葺の材料である杮板は、杉や椹(さわら)などの赤身材を包丁で割って作られます。木の目に従って割り木材の繊維を切断しないため水の浸透が抑えられ、また寸法が一定でなく適度な反りがあることから屋根を葺いた際には一枚一枚の間に空気の層ができます。これにより挽材のように毛細管現象で雨水を吸い上げることもなく、雨が速やかに流れ落ちて早く乾燥します。

杮葺の起源は飛鳥時代(7世紀中頃)まで遡るといわれますが、先述のように様々な屋根形状に適し上品な美しさを醸し出せることから社寺の宗教建築に広く用いられ、さらに平安時代の数寄屋造、書院造といった貴族文化の中で成熟していきました。その代表格が桂離宮の古書院や中書院などの建築です。その他にも金閣寺の舎利殿や数々の重要文化財に使用されています。

ちなみに、「杮(こけら)」という字は「柿(かき)」と非常に似ていますが、つくりが「亠」に「巾」ではなく、上から下に一本引き通します。語源は木片、木屑です。「杮葺」の呼称は1197年に奈良県で編纂された「多武峰(とうのみね)略記」に初めて登場します。

簡素美を極める桂離宮の建物にも杮葺が使われています

その他の製品はこちら
ページトップへ