超現代語訳

川上村の吉野林業を学ぶ

これからの時代に活かせることを、
川上村と吉野林業の歴史に学びます。

  • HOME
  • >
  • 超現代語訳 川上村の吉野林業を学ぶ

2020.07.02

■「吉野林業全書」に学ぶ⑧ 杉・桧の良・否 (3)

200年生以上の杉で、枝葉が青々と茂っているものは、空洞で木の中心に腐りがある。

高樹齢の杉で、その枝葉が自然に黄色くなり、枝先の枯れ葉が落ちるものは、まさに老木であるが、良材であり、色も美しい。

200年生以上の桧で、枝葉が青々と茂っているものは、良材である。

高樹齢の桧で、枝葉が少なくなり枯れそうなものは、その芯が腐っていて、必ず空洞があるものと知っておかねばならない。
川上村の吉野林業と土倉庄三郎
参照:「吉野林業全書」

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


大径木の伐採に立ち会うことが、そうそう少ないのですが非常に興味深い話です。機会があるごとに、枝や葉を見てしまうことになりそうです。

ただ、200年超えの伐採に立ち会えるとしても、現地までの道のりは覚悟がいります・・・。


最新の記事

アーカイブ

  •  

    • 2020 (57)
  • ≪■「吉野林業全書」に学ぶ⑨ 大...

    ≫■「吉野林業全書」に学ぶ⑦ 杉...

    最新の記事

    アーカイブ

  •  

    • 2020 (57)
  • ページトップへ