超現代語訳

川上村の吉野林業を学ぶ

これからの時代に活かせることを、
川上村と吉野林業の歴史に学びます。

  • HOME
  • >
  • 超現代語訳 川上村の吉野林業を学ぶ

2020.07.02

■「吉野林業全書」に学ぶ⑤ 杉・桧の伐期

杉・桧は、約100年で一伐期とする。杉・桧が用材として最も適当なのは、80年生から100年生までで、80年生以下は需要が少なく値が安い。

また、今までの間伐によって残っている木も少ない中で、100年生以上の木は、広い土地を占める割に成長も良くなく、利益が薄いということになる。

これが100年を一伐期とする理由である。

川上村の吉野林業と土倉庄三郎

参照:「吉野林業全書」

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

さらっと「100年である!」と示されますが、最低でも親子2代に渡る、途方もない時間です。ただ、それだけの時間を掛けても、お金に変えることのできる、確たる用途も存在していました。

生活様式、建築様式もがらっと変わり、当時の用途もなくなってしまったのだから、もうそういう林業もやめてしまって、現代社会に沿った形に変えていけばよいのでは?

さすがにそんな声は聞こえてはきませんが、「吉野林業」という文化と、そこから生まれる最高の素材を守る道しか選択肢はありません。


最新の記事

アーカイブ

  •  

    • 2020 (57)
  • ≪■「吉野林業全書」に学ぶ⑥ 杉...

    ≫■「吉野林業全書」に学ぶ④ 吉...

    最新の記事

    アーカイブ

  •  

    • 2020 (57)
  • ページトップへ