超現代語訳

川上村の吉野林業を学ぶ

これからの時代に活かせることを、
川上村と吉野林業の歴史に学びます。

  • HOME
  • >
  • 超現代語訳 川上村の吉野林業を学ぶ

2020.06.17

■「吉野林業全書」に学ぶ① 我が吉野杉

樹木の種類は、千百以上にもなるが、需要が最も多く、利用価値が高いのは「杉」「桧」の二種である。本書がただただ「杉」「桧」の植栽法について書いている理由はそこにある。

「杉」「桧」は至る所にあるが、土壌が優れているかどうかや、気候の寒暖が、樹木の成長に影響するから、「人為的栽培(人工造林)」が必要となる。

我が「吉野杉」が、天下に名声を博しているのをみても、その必要性がわかる。
川上村の吉野林業と土倉庄三郎
参照:「吉野林業全書」

画像:吉野林業全書 初版本 (明治31年(1898年)刊行)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「吉野林業全書」は総論のこの記述から始まります。順に読み進めてみたいと思いますが、原文は文語体で非常に難しい内容です。

つきましては、「超現代語訳」で表現させて頂くことをご了承ください。


最新の記事

アーカイブ

  •  

    • 2020 (57)
  • ≪■「吉野林業全書」に学ぶ② 『...

    ≫■「史跡案内サイン」に学ぶ⑥ ...

    最新の記事

    アーカイブ

  •  

    • 2020 (57)
  • ページトップへ