ブログ

吉野かわかみ社中の活動を中心に
旬の情報をレポートします。

2019.12.18

JAS製材認定 資格者研修会に参加しています。

本日と明日にかけて、三重県津市の「サン・ワーク津」にて「JAS」製材認定の資格者養成研修会を受講させて頂いております。

 

産地の責任として、
・科学的根拠(エビデンス)や学術的データの整備
・国際標準の品質確保
・トレサビリティーの厳格化
といったことに、しっかり取り組まねばなりません。

 

「JAS(日本農林規格)」も今年、令和元年8月15日に法改正されました。着地点がどうも玉虫色なのが気になりますが・・「ISO」のような、国際標準に合わせた形になってまいりました。

 

さてさて、

 

「公共建築物においては、【原則として】JAS製材品を使いなさい」
「一般住宅においては【構造計算=JAS製材品なら計算が容易】は必要ありません」

 

などなど、「JAS」とかいる?みたいな議論が主流?なのかもしれませんが、仕組みはどうあれ、統一された「規格」は皆が求める「安心」なはずですね。

 

これ、全てではありませんが、一次産業を弱らせているのは、平等に判断できる基準が、曖昧なためかもしれません。

 

「吉野林業」の素材としての「美しさ」や、「壮大なバックストーリー」に加えて、市場は「安心」を求めています。

製材JAS

追記 : 無事、品質管理担当資格者に合格しました!

さて、運用までの道のりはまだ長いです。

頑張ります。


最新の記事

アーカイブ

  •  

    • 2020 (17)
    • 2019 (104)
    • 2018 (40)
    • 2017 (27)
    • 2016 (19)
    • 2015 (12)
  • ≪CLT PARK HARUMI

    ≫吉野プレミアムシート 吉野杉柾...

    最新の記事

    アーカイブ

  •  

    • 2020 (17)
    • 2019 (104)
    • 2018 (40)
    • 2017 (27)
    • 2016 (19)
    • 2015 (12)
  • ページトップへ