ブログ

吉野かわかみ社中の活動を中心に
旬の情報をレポートします。

2019.7.25

4者連携協定調印式が執り行われました。

  川上村やまぶきホールにて、「川上村」、「京都大学生存圏研究所」「(一社)耐震性能見える化協会」、「(一社)吉野かわかみ社中」の4者連携協定調印式と、「協会設立記念カンファレンス(第400回生存圏研究所シンポジウム)」が開催されました。

耐震性能見える化協会協定調印式

耐震性能見える化シンポジウム

川上村ご出身で、見える化協会代表理事でもある、京都大学生存圏研究所 准教授 中川貴文氏からの、故郷を想う熱い講演や、その恩師である、東京大学名誉教授 安藤直人氏の基調講演などに、たくさんの皆さまにお集まりいただきました。

中川先生が開発された、倒壊解析ソフト「Wallstat(ウォールスタット)」は、住宅建築において、設計した図面の「耐震シミュレーション」が「アニメーション化」され、一般のエンドユーザーにも耐震性能が見える化される優れたソフトウェアです。

耐震性能見える化協会シンポジウム2
例えば、同じ耐震等級の物件を並べて、住宅に使用する材料の違いでも解析を行うことが可能です。

 

この連携によって、同じ間取りで、川上産吉野材を使った住宅と、その他の材料を使った住宅の強さを比べるというところまで追求していく予定です。

 

実験途中段階では、川上産材の強さが顕著に表れているため、地震に強い、川上産材を使った住宅が、わかりやすくアニメーションで表現されることになりそうです。

 

ご期待ください。

そして、京都大学生存圏研究所と言えば、、、「吉野杉」「吉野桧」の「宇宙」進出。

夢がありますね。


最新の記事

アーカイブ

  •  

    • 2020 (17)
    • 2019 (104)
    • 2018 (40)
    • 2017 (27)
    • 2016 (19)
    • 2015 (12)
  • ≪川上村林業見学会を開催しました...

    ≫吉野カネ利の記事が日経新聞に掲...

    最新の記事

    アーカイブ

  •  

    • 2020 (17)
    • 2019 (104)
    • 2018 (40)
    • 2017 (27)
    • 2016 (19)
    • 2015 (12)
  • ページトップへ